【最新版】Vtuberのなり方・作り方を詳しく解説

Vtuberのなり方 vtuber

Vtuberになりたい方のためにどういったものを準備する必要があるのかをまとめています。Vtuberの作り方から配信時に必要になる機材やソフトなど幅広く紹介していますよ。

まずyoutubeで配信するかライブ配信アプリを使うか決める

一般的にVtuberというとyoutubeで配信されている方を指します。逆にyoutubeではなくライブ配信アプリを使って配信を行っている方をライバーと言います。

どういった観点で配信先を選ぶかは様々ですが簡易的にそれぞれのメリット・デメリットについてまとめているためどちらがいいか検討されてみるといいでしょう。

Vtuberとライバーの比較

ライブ配信アプリのメリット・デメリット

先にライブ配信アプリから説明しますがこちらについては無料のキャラクター制作サービスが備わっているところが多く、キャラクターの動き(まばたき・顔の動き等)も自動で行ってくれるため無料で準備することが可能です。

デメリットとしてはキャラクター作成ではテンプレートを利用するため個性を出しにくいという点があります。また、声を変えることができないため基本的に地声で配信することになります。

※アプリによってはキャラクター作成機能はないものの自前のイラストを読み込むことができるものがあるためそちらを利用すると独自性の高いキャラで配信することができます。

※各ライブ配信アプリについてはページの後半部分で解説しています。
>>ライブ配信アプリの項目はこちら

youtubeで配信するメリット・デメリット

一方Vtuberとしてyoutubeで配信を行う場合、キャラクターのイラストの準備・動きの設定・PCやwebカメラ、マイクの準備などがあり、ある程度の費用が発生します。費用はかかるもののイラストの独自性や魅力的な動作の設定ができるため自由度が高いのが特徴です。
また、ボイスチェンジャーのソフトを使うことができるため声質を変えることができます。

※動きの設定はLive2Dという有料のサービスを利用する必要があります。

【最新版】Vtuber用のイラストとモデリングの依頼相場を徹底解説
この記事ではVtuber用の立ち絵イラスト(キャラデザ・パーツ分け・三面図)とLive2Dのモデリングの依頼相場について掘り下げて解説しているためぜひ参考にしてみて下さい。 立ち絵イラストの相場 おおまかな分類にはなりますがココナラやn...

では次からはVtuberとして活動する場合の準備の仕方を解説していきます。

Vtuberの作り方について

Vtuberの作り方の手順

Vtuber用のキャラクターを作成する際にはまずキャラクターのデザインを決めてからパパーツ分けされたイラストを作成します。その次にパーツ分けされたイラストに対してLive2Dという動作設定を行うソフトを使ってまばたき・髪や顔の動きなどを設定していきます。

パーツ分けされた立ち絵イラストの準備

パ^つ分けしたイラスト

パーツ分けしたイラスト

Vtuber用のイラストは基本的に正面を向いた立ち絵イラストが必要になります。また、体を柔軟に動かせるようにするためにイラストはあらかじめパーツ分けしておかなければいけません。

クリスタ等のペイントソフトで日常的にイラストを描かれている方ならばキャラクターの自作をすることが可能ですが、パーツ分けのコツについてはLive2Dの書籍でダウンロードできるキャラクターを通して学ばれるのがよろしいでしょう。

複数の表情を用意する

イラストはlive2dというソフトを使って動作の設定を行いますが、ショートカットキーに表情を切り替える設定ができます。基本的に目で表情を表現するため喜んだり・悲しい時・驚いた時の切り替え用の目のパーツを作成しておくといいでしょう。

イラストの外注はココナラ・スキマ等がおすすめ

逆にイラストが描けないという方の場合には、ココナラやスキマなどのプラットフォームに登録しているイラストレーターの方にイラストを描いてもらうのがおすすめです。ちなみにLive2Dの設定込みでイラスト制作を行ってくれる方が増えているので別々の方に依頼しなくて済みますよ。

ココナラでVtuber制作依頼をする際のおすすめのクリエイター
ココナラでVtuber用のモデル制作をサービスを提供されているクリエイターの方を厳選して紹介しています。どの方もキャラデザからLive2Dのモデリングまで行ってくれますよ。 1.中里智明さん イラストレーターとして10年以上お仕...

Live2Dでイラストに動きを設定する

live2d

画像引用元:https://www.live2d.com/about/

パーツ分けされたイラストが準備できたら次はLive2D Cubismというソフトを使って動きの設定を行っていきます。live2d Cubismは月額課金制のソフトウェアで月2000円程度で利用することができます。

注意点としてはLive2DはPCのメモリを非常に消費するためメモリが最低でも8GBはないと動作が遅くなったりフリーズが多発します。(作業中はLive2D以外のアプリケーションは終了させておいた方がメモリに余裕が生まれます)

なので所有しているPCのメモリが足りない場合にはメモリの大きいPCに買い替えるかLive2Dでの設定を外注するのも選択肢の一つです。

※またゲーム配信する際にもメモリはある程度消費するため今の段階からPCのメモリはきちんと把握しておくことをおすすめします。

五十鈴のりと
五十鈴のりと

私の場合、メモリ4GBのPCで作業しているとすぐにフリーズしてしまうため8GBのPCに切り替えたところサクサク作業できるようになりました。

Live2dについても書籍で使い方を理解した上で作業を行った方がスムーズに進められます。ただ、独特の仕組みになっているため触ってみて難しいと感じる場合にはこちらもココナラやスキマ、nizimaなどのサイトでクリエイターの方に依頼した方が短期間で納品してもらうことができます。

Live2Dはトライアル版があるため「ちょっと試してみたいなあ」という方はぜひ以下のリンクからダウンロードしてみてください。

>>Live2Dのトライアル版をダウンロードする

フェイストラッキングソフトで表情を読み取る

Live2Dで動作の設定が完了したら次はカメラで認識した自分の顔の動きをキャラクターに反映するフェイストラッキングソフトで動作の確認を行います。

Vtuberの多く方が利用しているソフトがFaceRig(フェイスリグ)やVTube Studio(VTS)、Animaze(アニメイズ)になりますがFaceRigは運営側のサポートが終了しているためVTube Studio(VTS)やAnimazeを利用することをおすすめします。

※Vtube StudioとAnimazeではVtubeStusioの方が利用者が多いようです。実際使ってみるとVTubeStudioの方が便利なので間違いないです。

※FaceRigとAnimazeは同じ企業が提供しているソフトウェアですがFaceRigがグレードアップしたものとしてAnimazeがリリースされています。

>>Animazeの販売ページはこちら

>>VTubeStudioのダウンロードページはこちら

Vtube Studioの使い方・設定方法を徹底解説
VTube StudioはPCやスマホのカメラに映る自分の動きに合わせてLive2dモデルを動かすことができるソフトです。 五十鈴のりと 多くのVtuberがVTube Studioを利用されています。また、VT...

配信時に必要な機器・ソフトを準備する

PC

スマホで動画配信をすることもできますがゲーム実況をするのであればPCがあった方が確実にいいです。また、PCのスペックはある程度高い方が配信時に動画が乱れにくいためスペックには気を使いましょう。

マイク

音声は聴き手にとって非常に重要な要素になるためマイク選びはきちんと行った方がいいです。おすすめはUSB接続のコンデンサー型のマイクです。ノイズが入りにくく音質がいいのが特徴です。

ボイスチェンジャー

自分の声をより魅力的にしたかったり、性別の異なる声に変えたいのならボイスチェンジャーを使った方がいいです。また、声を変えることは身バレ対策にもなりますよ。

WEBカメラ

Animazeを使う場合にはPCに内蔵されているカメラもしくはwebカメラを購入して顔を認識させる必要があります。機能性が高くお手頃な価格で購入できるものとしてはロジクールがおすすめです。

>>Amazonのロジクールのwebカメラ

また、VTube Studio(VTS)の場合にはiphoneのカメラで認識することができます。

動画編集ソフト

無料で使える動画編集ソフトを紹介します。

windows10のPCをお使いの方であれば「フォト」という機能にビデオ編集機能が備わっているため無料で使うことができます。

また、macのPCをお使いの方であれば「iMovie」という動画編集ソフトを無料で使うことができます。

無料で使えるVtuber制作ツールでキャラを作る

自分でキャラクターのイラストを作成・外注するのは面倒という方には無料でVtuber用のキャラクターを制作できるツールを使うのがおすすめです。

ただしyoutubeの配信で使えるのは以下で紹介しているVRoid Studioというサービスのみで

1.VRoid Studio

VRoid Studioは3Dのアバターが作れるツールです。絵を描くように直感的に自分好みのキャラクターを作ることができるため手軽にクオリティの高いモデルが完成します。本格的な3Dキャラクターを作る場合は数百万円かかることがありますがこちらのアプリなら無料でできるためとてもお得です。

>>VRoid Studioの公式サイト

完成済みのキャラクターを探してVtuberになる方法

自分でキャラクターイラストとモデリングの外注を行うのは面倒という方には以下で紹介する完成済みのキャラクターを購入することをおすすめします。

Twitterの「#魂募集」で探す

「魂募集」とはモデリング済みのvtuberキャラクターに対して利用してくれる方を募集する行為を指します。主にツイッター上で「#魂募集」や「#Vtuber魂募集」というタグをつけて募集されている方が多いです。

ほとんどのキャラクターが有料になりますが自分が好きなキャラクターが見つかればDMでやり取りをして購入することができるます。

>>twitterの「#魂募集」のタグページを見る

nizimaで探す

nizima

画像引用元:https://nizima.com/

nizimaとは株式会社Live2dが運営するLive2Dクリエイターと購入者をつなぐプラットフォームのことです。クリエイターの方が作成したVtuber用のキャラクターが多数販売されているため自分好みのキャラクターを見つけることができます。

また、オーダーメイドでキャラクターを作成してもらうこともできるため気に入った絵柄を描いてくれる方が見つかれば直接依頼してみるのもいいでしょう。

>>nizimaのトップページはこちら

ライブ配信アプリを使う

REALITY

スマホで簡単にアバターを作って配信ができるREALITY。複数人でのコラボ配信もできるため楽しみやすいのが特徴。

>>REALITYの公式サイト

カスタムキャスト

カスタムキャストはニコニコ動画を運営するドワンゴが他者と共同開発したVtuberの作成と配信機能を備えたアプリです。累計500万ダウンロードを超える程の人気があります。

>>カスタムキャストの公式サイト

ツイッターで告知を行う

配信の準備ができたら次はツイッターアカウントを作成して事前告知を行いましょう。新人Vtuberの多くの方が「#Vtuber準備中」「#新人Vtuber」といったハッシュタグを付けてツイートしているためタグを活用して多くの方に認知してもらう活動を行っていきましょう。

また、ツイッターのアクセス解析機能を有効化しておくことで各ツイートの反応の度合いが分かるため興味を持たれやすいツイートを分析することにも役立ちます。

オーディションを受ける

Vtuber事務所が開催しているオーディションは多く存在しているため運よく合格できれば無料でキャラクターを準備してもらえて、PRも大々的に行ってもらえるため本格的な活動ができます。

五十鈴のりと
五十鈴のりと

ホロライブやにじさんじなどの有名なVtuber事務所ほど倍率が高いのでしっかりと準備をした上で臨みましょう。

【2022年4月版】Vtuberオーディション一覧
Vtuber事務所のVtuberになって活躍したいという方のためにオーディションを行っている事務所を一覧でまとめています。事務所によって求めている要素が異なるため自分に合った事務所をぜひ見つけてみて下さい。 ※2022年4月版の情報に...

タイトルとURLをコピーしました